メニュー

病院の特色

病院外観

当院は、運営理念である「地域に密着した医療」を志しています。

平成30年度より「在宅療養支援病院」の認定を受け、患者さんが住み慣れた地域で安心して療養生活を送ることができるように、訪問診療を行っている患者さんの求めに応じて往診、訪問看護ステーションとの連携体制を確保しています。また、在宅で療養されている患者さんの緊急時においては、病状に合わせて入院や高次医療機関への紹介など必要に応じた対応をさせていただいています。

当院には「医療療養型病床」と「地域包括ケア病床」があります。「医療療養型病床」とは、酸素投与、中心静脈栄養、褥瘡、創部処置など医療行為が必要で、自宅復帰や施設入所がすぐには困難な患者さんが対象となる病床のことです。

「地域包括ケア病床」とは在宅復帰を目的とした病床であり、外来で入院が必要と判断された患者さんの治療を行う時、急性期病院治療後に病状が安定した方がすぐに自宅や施設へ退院するには不安がある方に対して、リハビリや退院支援などを行う病床のことです。

展望食堂また、院内には居宅介護支援事業所を、院外にはデイサービスセンター、グループホームを隣接し、在宅療養や介護支援などのサービスを提供できるようにしています。

 快適な療養生活を送ることができるように、最上階(6F)に食堂、浴室、特殊入浴設備を設置し、また食事もできあいのものではなく院内厨房で調理し、家庭的な料理を提供するようにしております。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME